我が家の毎月の生活資金と老後資金

来月から夜勤が1回になるので給料が激減します。その割にはのんびりしていて生活習慣が何も変わらない我が家…ヤバイ。ここは気を引き締めて節約に取り組まなければと思っています。

 

さて、最近よくチェックしているニートの方のTwitterを見ていると、ニートになって不安なのは定期収入がないこと。そして大変なのは自己管理と書かれていました。ニートになるわけではありませんがタメになります。

 

ということは、最低限の生活ができる収入があり、健康で文化的な生活ができれば最高ということですよね…。まずは最低限どのくらいのお金があれば生活できるのか知る必要があります。

 

現在の私の場合…、

 

・住宅ローン(R4.3月まで):9万円

・水道・光熱費:3万円→2万円

・通信費:2万円→1万円

・保険:1.5万円→1万円

・英語塾:2.7万円→0円

・家電分割代(12ヵ月間):2.2万円→0円

 

iDeCo:2.3万円

・積立NISA:3.3万円→キンカブ積立へ変更1.8万円

 

えーっと、この時点で26万円…。これに食費、日用品代、お小遣いなどなど…。固定費が高すぎる!そのため、ボーナスはいつも生活費に消えてます(笑)

 

これを赤字の金額まで削減できれば17.1万円まで激減。これなら減給後も生活できる気がします。

 

あと、積立NISAからキンカブ積立に変更するのは安定した老後資金を受け取ることができるようにするためです。確かに税制面では不利なようですが、高配当投資をすることで毎年お金を受け取ることができるというのは心の安定には良い気がします。

 

1000万円投資して配当率4%で年間40万円…。微妙といわれると微妙な金額ですが…。それに月1.8万円を15年間投資しても324万円。毎年12万円ほどの配当金…。これはこれでありがたいけど、何となく寂しい感じもします。

 

それなら、配当金はガッツリ使うかわりに毎月余ったお金をガツガツ投資しても良いかな…と思います。余るほどのお金があるんか???という話でもありますが(笑)でも、これなら株も増えて楽しいし、節約ももっと楽しくできる気がします。

 

本当にやってみようかな…。