奄美大島に行って旦那について考える

先日、4泊5日で奄美大島に帰省しました。前半3日間は晴天、暑すぎて何もできず、ずーっと食べて寝ての3日間でした。後半2日は曇り&雨でしたが、逆に過ごしやすかったです(笑)

 

普段はYouTubeを見ながら遅くまで深酒している旦那も、夜はほどほどに飲み、朝早く起きてきて、やはり自然に囲まれた生活は良いなっと思っていましたが、神戸に帰ってきたら元の生活に戻ってました。ただ遠慮していただけのようです(泣)

 

移住に関しても口では行っても良いと言ってくれていますが、たぶんダメでしょうね…。徒歩圏内にお店はなく、車で買い物に行かなければいけないし、もちろん周りに知り合いもなし。突然移住と言われても当然と言えば当然かもしれません。

 

車に関しては旦那も若いころは運転していたし、数年前に帰省した時も頑張って一度結構な長距離を運転しました。だから慣れたら運転できると思いますが、全くその気はないようです。

 

そして、私的には一日中家に閉じこもっていないで地域活動とかボランティアとか人と触れ合うことをしたらどうかと思っていました。もともと社交的でおしゃべりが好きなタイプなので何かやれば楽しんじゃなかと…。それに関しても全く興味なし。少ない額とは言え年金を貰っているので働けとは言いませんが、せめて外に出て活動して欲しいと思ってましたが大きなお世話のようです。

 

普段、私が仕事に行っている間は少し家事をして、あとは寝たりYouTubeを見たりするだけ…。そんな生活はつまらないだろうと思っていたのは私だけのようです。よくよく考えれば、旦那もやりたかったら勝手にやってますよね(笑)

 

口では一人だとつまらない、寂しいとか言ってますが、結局は便利な場所に住み、毎日好きなことにダラダラと時間を費やすことに満足している気がします。それが旦那が満足する生き方なんでしょうね…。

 

高齢になった両親の心配はありますが、結婚している以上旦那に対しても責任はあるわけで…、旦那が神戸に残りたいなら別の方法を考えなくてはいけませんね…。

 

はぁ…、せっかく奄美大島でリフレッシュできたと思ったのに、何だか倍疲れました。